トップ >  返済方法

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍以上
・年会費無料

一部増額返済

一部増額返済とは、お金を借りた後の支払い期間の途中で、
前もってスケジュールされた支払い金額より
多い金額を返済することです。

いわゆる、約束に定められた返済額である
約定返済額よりも、一部多めに返済する行為を指します。

なぜこのような言葉や争点が生まれるかというと、
お金を貸した側(キャッシング・消費者金融会社)から考えると、
借したお金に対してかかる金利を手数料として、
会社の利益としていますから、
できるだけ、長い期間をかけて返済してもらうことで、
より多くの金利を手数料として頂けるわけです。

※もちろん、支払い側に返済能力があることが限定で、
金融会社側が借主に返済能力がないと判断すると、
契約内容によっては、当然良くないことが起こりえます。

ですから、キャッシングや消費者金融会社の
利益だけを優先させて、
借りた側が返済できるのに、返済させないというのは、
法律上でも認められていません。

民法でも、「期限の利益は
債務者の利益のために定めたるものと推定する」
としっかりと定められています。

つまり、お金を借りた人間(債務者)は、
支払い期限、支払い額を前倒しして、
返済する権利を持っているということです。

[ ローンとキャッシング用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

関連動画集

Loading...
Loading...