「か」の目次

貸金業規制法

「貸金業法」とも呼ばれ、お金を貸す商売をしている会社を規制するのが貸金業規制法

貸金業協会

貸金業協会は、貸金業規制法に基づいて設立された社団法人で、全国47都道府県にある。

貸金業者

正式な登録許可を経てお金を貸付けることをビジネスとして営む法人、個人が貸金業者

貸金業者の業務運営に関するガイドライン

貸金業者が業務を運営する指針となるようにと、金融庁が作成したガイドライン

貸倒れ

貸倒れとは、消費者金融会社が顧客へ貸付けしたお金が、回収不能となり損失となること

貸倒れ基準

債権が回収不能となった場合に、それを不良債権として経理処理を認めるのが貸倒れ基準

貸倒れ引当金

将来回収できない損失に対応するために準備金として積み立てるのが貸倒れ引当金

貸付け業務

消費者金融会社などの貸し金業者が、顧客にお金を貸し付けるのが貸付け業務です。

貸付け金利

金銭貸し付け契約を結ぶにあたり必要となる、利息を計算するための利率が貸付け金利

貸出限度件数

消費者金融業界の全体が1人の顧客に対し貸出すことができる上限件数が貸出限度件数

貸付け金利の変更基準

大口顧客や優良顧客に特別に金利を優遇する場合に用いられる金利引き下げ基準

貸付け限度額

消費者金融と結ぶ金銭貸し付け契約で、貸付けする金額の上限が貸付け限度額

貸付け条件の広告規制

新規顧客を募集する広告の書き方、言葉の表現を規制するのが貸付け条件の広告規制

貸し手の責任

商品の説明不足などは、お金を貸付けする業者側である貸し手の責任が問われます。

過剰融資、貸付けの禁止

貸金業規制法の第13条では、過剰融資や返済能力を超える融資を禁止しています。

元金均等スワップ償還方式

元金均等スワップ償還方式は、初期の利息返済が厳しい元金均等返済の負担を和らげる。

元金均等返済

住宅ローンによく使われている元金均等返済は、元金の支払い額が一定となります。

間接金融

銀行等の金融機関が集めたお金を、各企業の資金調達の方法として利用する間接金融

元利均等返済

1回目から最終回まで返済額が全て一定となる元利均等返済は、高額ローンに使われます。

元金・元利リボルビングシステム

元金定率、元利定額リボルビングシステムなどの種類がある返済方法のこと

[ ローンとキャッシング用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

関連動画集

Loading...
Loading...