トップ >  貸金業に関する法律

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍以上
・年会費無料

貸付け条件の広告規制

貸付け条件の広告規制とは、
キャッシング、消費者金融会社などのお金を貸付けしている
業者が広告を出して新規顧客を募集する場合に、
「絶対に借りれる!」
「金利が過度に低い!」
など、消費者の誤解を招きそうな貸付け条件が記載されている
広告の書き方を規制するものです。

「貸付け条件の広告規制」は、貸金業規制法によって、
定められているので、キャッシング会社、消費者金融などの、
貸金業者が違反した場合は、
強制捜査や営業停止などの措置を受けることとなります。

貸金業規制法には、顧客がわかりやすい場所に、
金利(利率)、返済方法、返済期間
などの顧客に関わる重要事項を
明記するように義務付けています。

また、表示している金利や返済方法の内容も、
貸金業規制法に定められている
基準の範囲内でなければなりません。

貸金業界全体の自主規制もあり、正規業者が
違法な広告は出すことは少なくなりましたので、
もし「絶対に借りれる!」などの表現を見たら、
違法業者ですので、利用しないように気をつけてください。

[ ローンとキャッシング用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

関連動画集

Loading...
Loading...