トップ >  貸金業に関する法律

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍以上
・年会費無料

貸し手の責任

貸し手の責任とは、消費者金融会社や
キャッシング会社などの業者も含め、
お金の貸し借りにおいて、貸付けする側に
発生する責任のことを言います。

お金を貸す側には、その金融商品の内容はもちろんのこと、
契約する際の注意事項や契約することによるリスクなどの、
説明責任があります。

特に、お金を借りる側が損をしたり、
金銭的被害などの不利益を被ることが予想されているのに、
その説明をしなかった場合は、
お金を貸す側の責任が厳しく追及されそうです。

そもそも、貸金業規制法において、
顧客の資金需要や返済能力を超えた貸付けというのは、
禁止されていますので、もともとは、
顧客の不利益になるようなお金の貸付けは、
法律の理念からもそぐわないものなのです。

もちろん、お金を借りる側の責任についても、
明確な責任範囲を決めなくてはなりません。

ちなみに、お金を借りる側のことを「借り手」と言います。

[ ローンとキャッシング用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

関連動画集

Loading...
Loading...