トップ >  貸金業に関する法律

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍以上
・年会費無料

過剰融資、貸付けの禁止

過剰融資、貸付けの禁止とは、
貸金業規制法の第13条によって定められている
お金を貸付けする際の規制のことです。

「貸金業規制法の第13条」では、
融資申込者の資金需要や返済能力を超えた金額の
お金を貸付けることを禁止し、
適正な審査をすることを義務付けています。

つまり、融資申込者の他社借り入れ件数や金額、
勤務年数、年収などをきちんと調査し、
信用力を審査してから、貸付けを決定するということが、
法律として定められているのです。

金融庁のガイドライン

金融庁も融資や貸付けのガイドラインを定めており、
簡易審査、無担保で貸付ける場合は、
1件につき50万円まで、もしくは、
年収の10%といないとしています。

また、貸付けを行う際には信用情報期間を使って、
その顧客の他社借り入れ状況や金額等の確認を確認し、
書面として残すように指示しています。

[ ローンとキャッシング用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

関連動画集

Loading...
Loading...