トップ >  貸金業に関する法律

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍以上
・年会費無料

貸金業規制法

貸金業規制法とは、お金を貸すことを商売としている会社が、
業務を行う上で守らなくてはならない法律のことで、
業界用語では「貸金業法」と略して使うこと一般的です。

「出資法」と合わせて、「貸金業規制二法」と呼ばれています。

貸金業規制法の主な内容

(1)貸金業は事前登録制であること

(2)取立て行為でして良いこと、時間帯などの規制

(3)貸金業協会について

貸金業規制法に違反している業者は、
内閣総理大臣や金融庁などによる立入り検査や、
業務停止命令、登録資格の取り消しなどの
措置を取られることもあります。

ちなみに、貸金業規制法の正式名称は、
「貸金業の規制等に関する法律」と言います。

以前は、「貸金業者の自主規制の助長に関する法律」
というものがありましたが、内容の見直しや罰則強化のために、
1983年に貸金業規制法が新しく施行されました。

[ ローンとキャッシング用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

関連動画集

Loading...
Loading...