トップ >  難しい専門用語

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍以上
・年会費無料

貸倒れ基準

貸倒れ基準とは、キャッシング・消費者金融会社が、
お金を貸し付けたが、その顧客から
債権の回収が不能になった場合に、
不良債権として経理処理できるかどうかを
認める基準のことです。

貸倒れかどうかを認める基準は、
業界内の中でも統一されたものが決められておらず、
また、各社によっても、
経理処理の判断が異なってくることもあります。

「貸倒債権」は、貸し付けたお金が回収不能となった
貸倒れとなった債権のことですが、
与信した側であるキャッシング・消費者金融会社が、
債権を放棄しない状態であるならば、
お金を貸し付けた顧客に対して、
支払い請求権を持つこととなります。

ちなみに債権の種類は4つに分かれており、
通常債権、減額債権、利息棚上げ債権、貸倒債権
となります。

わかりにくいところである「利息棚上げ債権」というのは、
利息をもらわずに貸付金だけでも、
確実に回収することを言います。

[ ローンとキャッシング用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

関連動画集

Loading...
Loading...