トップ >  ローンの種類

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍以上
・年会費無料

キャップローン

キャップローンとは、金利の上昇時にも、
返済額が高くなりすぎないように計算される
変動金利制の住宅ローン・不動産担保ローンのことです。

例えば、あなたが不動産ローンを組んでいたとして、
通常、金利が大きく上がってしまった月は、
返済額にもその金利分の上昇が加わって、
多めの支払いになってしまうところですが、
「キャップローン」の場合は、
毎月の返済額の上限を一定額に定めているので、
金利がいくら上昇したとしても、リスクが限定されます。

そして、金利が低くなった時には、
金利の平均値の月よりも、多く返済することができますので、
金利上昇時に不足していた返済額を、
この時に支払うように自動で設定されます。

つまり、金利上昇時に不足していた返済額分を、
金利下降時に、充当するということになります。

キャップローンであれば、毎月の住宅ローン、
不動産担保ローンの返済額が一定しますので、
私たちの普段の生活が守られた上で、
支払いを続けていくことが可能ですので、
日本の住宅ローンや不動産担保ローンにおいては、
ほとんど、キャップローンを採用しています。

[ ローンとキャッシング用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

関連動画集

Loading...
Loading...