トップ >  貸金業に関する法律

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍以上
・年会費無料

行為能力

行為能力とは、貸金業社などからお金を借りるなどの、
法律で認められていなければならない行為を、
その人、個人がひとりで行える能力のことを言います。

基本的には、小売店などにおける、
商品やサービスの売買契約、消費者金融などからの、
消費貸借契約などの法律行為を行うための、
法律上の資格というのは、
満20歳以上の人が有しています。

この点については、民法によっても定義づけられており、
行為能力が不十分である人のことを「制限能力者」として、
区別しています。

「制限能力者」に該当するのは、
満20歳に満たない未成年者や、成年被後見人、被保佐人、
一部の被補助人などが当てはまります。

行為能力の制度は、基本的には、
意思能力を欠くことが多い人を保護するために
設けられましたが、無作為に行為が無効化されると、
相手にとっても不利益が大きいこともありえますので、
上記のように、類型化して、
それぞれの行為を画一的に判断しています。

[ ローンとキャッシング用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

関連動画集

Loading...
Loading...