トップ >  貸金業に関する法律

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍以上
・年会費無料

みなし弁済

みなし弁済とは、消費者金融などで、
お金を借りて返済していた場合に、
利息と元金を返済していたが、
実は利息制限法で定められている金利を超えて
利息を支払っていたという場合に、
貸金業者側が超過利息分を返還しなくてよいということです。

つまり、支払い側が超過して利息を返済
していたにも関わらず、その超過分の利息を
支払い側に返還しなくても良いということになります。

ただし、貸金業者側がみなし弁済を認めてもらうには、
条件がありまして、
まずは、金銭貸付の契約を行うときに、
きちんとした書面にて条件面を交付しているということ。

次に、毎回の支払い時に受領証を発行しているということです。

ただしこれらの条件は実際にはかなり厳密に行われており、
支払い側がみなし弁済の返還請求として裁判を起こせば、
ほとんどが貸金業者側の違法な金利と
認められることが多いです。

みなし弁済の裁判に負けた金融会社が、
特別損失を出して赤字決算にするということも
珍しくはありません。

[ ローンとキャッシング用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

関連動画集

Loading...
Loading...