トップ >  貸金業に関する法律

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍以上
・年会費無料

利息制限法

利息制限法とは、民法によって定められている
金銭の貸し借りにおける金利の上限のことです。

利息制限法という言葉が登場するのは、
いわゆるグレーゾーン金利における一方の上限金利としてです。

利息制限法上での有効な上限金利とは、
元本10万円未満の場合が20.0%
10万円以上100万円未満の場合が18.0%
100万円以上の場合は15.0となります。

グレーゾーン金利というのは、
利息制限法によって定められている上限金利と、
出資法によって定められている上限金利との
間の金利帯のことです。

この間の金利帯は、法律的にも、
あいまいな状態が長く続き、
貸金業規正法の43条などによって、
バランスが保たれてきました。

ですが、2006年には、貸金業規正法の改正案が成立し、
利息制限法の上限金利による貸し出しになります。

グレーゾーン金利が撤廃されることで、
消費者金融各社の利益が大幅減収となり、
各社が生き残りをかけています。

[ ローンとキャッシング用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

関連動画集

Loading...
Loading...