トップ >  難しい専門用語

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍以上
・年会費無料

債権の保全と流動化

債権の流動化とは、資金を効率的に回転させることを
目的として、債権を売買することを言います。
主に、資金の固定化を防ぐという効果があります。

債権の流動化の最近の動向としては、
土地を流動化させることを目的として、
行われるようになりました。

債権の流動化が始まったのは、
金融制度調査会という大蔵大臣の諮問機関が、
住宅ローンの債権流動化を行ったことが
始まりと言われています。

債権の保全

債権の保全とは、例えば、
お金を貸し付けて、債権を持っていた場合、
お金を借りた側である債務者がいなくなってしまったり、
会社が倒産してしまり、債権の回収ができなくなることを
想定する場合に行います。

債権の保全を行う場合には、
保証人を要求したり、債権担保を設定したりします。

債権の保全のために、
「仮差押さえ」を行うこともあります。

[ ローンとキャッシング用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

関連動画集

Loading...
Loading...