トップ >  貸金業に関する法律

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍以上
・年会費無料

債権譲渡等の規制

債権譲渡等の規制とは、貸付け債権を持っている
債権者が、第三者にその債権を譲り渡す際に、
定められている約束事のことです。

債権譲渡等の規制に関しては、
貸金業規制法によって定められており、
債権者が債権譲渡をする場合には、
まず、その事実を債務者に通知する義務があります。

そして、債権を譲り受けた人も、
これまでの債権者と同じように、
貸金業規制法にのっとって、
債権管理を行っていく必要があります。

債権譲渡等のケース

一般的に債権譲渡が行われるケースとは、
どんなものがあるのでしょうか?

一番よくあるのが、貸金業者が廃業するケースです。
貸金業者が債権を担保として、
融資を受けている場合が多いので、
その場合には、そのまま債権譲渡されることとなります。

他には、サービサーと呼ばれる債権回収専門業者に
外部委託する場合も、増えています。

[ ローンとキャッシング用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

関連動画集

Loading...
Loading...