トップ >  貸金業に関する法律

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍以上
・年会費無料

小規模個人再生

小規模個人再生とは、債務者を破産させることなく、
借金の返済ができるように取り組まれる、
民事再生法によって定められる方法のことです。

「小規模個人再生」に定められていることは、
前提として、債務を負っている個人が、
将来において、継続的に収入を得られることが、
求められています。

そして、次に債務総額が、3,000万円以下であるることです。
この債務総額の中には、住宅ローンによる借金は、
含まれないとされています。

また、将来において継続的な収入が見込めると、
説明しましたが、債務総額によって、
期待されるその収入の額も変わってきます。

支払いは3ヶ月に1回以上の分割払いという
ペースでも大丈夫ですが、
返済を始めて、3年以内に100万円か、
債務の5分の1の金額を返済しなくてはならない。
という条件が付いています。

ちなみに「小規模個人再生」とともに、民事再生法によって
定められているのは「給与所得者等再生」
という方法があります。

[ ローンとキャッシング用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

関連動画集

Loading...
Loading...