トップ >  貸金業に関する法律

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍以上
・年会費無料

上限金利

上限金利とは、お金を貸すときに、
お金を借りる側に支払うことを求められる金利において、
法律で規定されている金利水準の上限のことです。

この金利水準については、
民法の利息制限法によって定められています。

「利息制限法」では、お金を貸す際に決められる上限金利を、
お金を貸す金額別(融資金額別)に定めています。

融資金額が100万円以上の場合の上限金利は、年15%
貸すお金が10万円以上で100万円に満たない場合は、
年に18%。

そして、10万円未満の場合は、年20%とされています。

上記の利息制限法は民法によるものでしたが、
刑事罰に処されるのは「出資法」というものです。

出資法では、これまでに何度もその年率が、
見直されてきましたが、2000年から年29.2%で
行われてきました。

この利息制限法の20%と出資法の29.2%の間の幅のことを、
グレーゾーンと呼び、ほとんどの消費者金融会社は、
上限金利を出資法の29.2%で貸付を行ってきました。

ですが、貸金業規正法が改正されたことにより、
出資法の29.2%ではなくて、利息制限法の20%に、
合わせることになりました。

[ ローンとキャッシング用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

関連動画集

Loading...
Loading...