トップ >  貸金業に関する法律

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍以上
・年会費無料

消費者契約法

消費者契約法とは、消費者被害に歯止めをかけるべく、
2001年より施行された消費者保護の観点に立った
法律のことです。

消費者契約法の内容としては、
私たち消費者が貸金業者などと契約した内容に関して、
ふれらています。

業者は契約内容を定める際には、
消費者が果たすべき事項を、わかりやすく説明し、
相手側に対して、充分に配慮することが
求められるようになりました。

また、広告などを用いて、顧客を勧誘する際には、
私たちが契約内容について、わからないままに、
締結してしまわないように、私たちに必要な情報を、
業者側がすすんで提供するように変わりました。

そして、わたしたちが契約内容もわからないままに、
不利益を被ってしまうような契約内容は、
無効とすることができます。

もちろん、業者が間違った情報を提供したり、
そもそも情報を提供しなかった場合にも、
その契約を無効とすることができます。

[ ローンとキャッシング用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

関連動画集

Loading...
Loading...