トップ >  貸金業に関する法律

楽天カードは年会費・入会金永年無料!

☆楽天で5000円分のお買い物ができるポイントがもらえる

【楽天カードの特徴】
・ポイントが2倍以上
・年会費無料

43条問題

貸金業規正法43条問題とは、利息制限法で定められた
金利と出資法で定められた金利との間の金利は、
任意での支払いの場合は有効となっている問題のことです。

この「任意での支払い」に関しては、
貸金業界においても、統一された判断基準というものはなく、
どこの会社も暗黙の了解的な基準で行われていましたし、
裁判に発展したとしても、案件ごとに
判断が異なるものになっていました。

そこで、貸金業規正法の43条が成立し、
書面にて金利等の条件が交付されている場合は、
グレーゾーン金利での利息も有効ということになりました。

しかし、最近では、
利息の過払い請求の裁判が頻繁に行われており、
その支払いによる特別損失により、
消費者金融会社の経営を圧迫し始めています。

43条により判断基準が統一されましたが、
法律が現代の実務とは合わなくなっていることが
ひとつの原因と言われています。

[ ローンとキャッシング用語のトップへ ]

サイト内検索

五十音で検索

関連動画集

Loading...
Loading...